木の飾り

消費者向けのカードローンで有名なアイフ

木の飾り
ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は >> 消費者向けのカードローンで有名なアイフ
木の飾り

消費者向けのカードローンで有名なアイフ

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり事業用にお金を借りることはできません。

ビジネス用にお金を使うにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういった種類があるのでしょうか。

大きく分けるとみなさんがイメージする銀行融資と金利が高くなりがちだけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査期間が短いかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため中小企業など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

ビジネスローンで資金をどうにかしようと考えている方、どのローンを利用しようと考えていますか?ジャパンネット銀行のローンを活用するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ前提条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、ヤフオクなどへ出店している人にオススメのローンです。

普段、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーが流れることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますがキャッチコピーとの使い分けではどのような部分なのでしょうか。

辞書を引いてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による違いがあるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算を出してしまい融資を考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字だと銀行からの融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例えば、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」という売り文句通り赤字でも借り受けできたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は厳しいようです。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い?」という内容の質問です。

結論から言うと、そんなわけありません。

基本的に審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいとされています。

金利が低ければ厳しい、金利が高くなるほど審査が甘いと言われています。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資の場合、例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますが1から2ヶ月かけて書いてあることを精査します。

他にも提出する必要書類の数が全く違うなどこのように話を聞いただけでも厳しそうな感じがしますね。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何をイメージしますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

@健康保険証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点が揃っていれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、すぐに資金が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには色々なメリットがあります。

例えば、銀行期間の融資時に必要な担保や保証人が原則不要なことや融資までの時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開業するための設備投資資金などの場合でも事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅かったとしても申し込み・審査ができます。

世の中には様々な種類のビジネスローンがあります。

その中には、一般的に想像する銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込み・審査の流れを説明します。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローン商品で必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

事業を始める際の強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいかわかりにくいですよね。

各ローンごとに利率も違うので借りる時期などでどのローン商品を使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金を集めなければいけない場合におすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において審査から融資までが早いですが無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、時間に余裕がある場合では銀行融資や公的融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利が2%台からと低めの数字に設定されています。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借り受けたいですよね。

その場合は低金利な公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では第1・第2創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなどいろいろなローンが用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンの場合5年以内の返済では優遇金利で1.2%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの申し込み時は原則保証人不要なようです。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2018 ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は All rights reserved.
木の飾り