木の飾り

ビジネスローンで資金集めをしようと考

木の飾り
ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は >> ビジネスローンで資金集めをしようと考
木の飾り

ビジネスローンで資金集めをしようと考

ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方、どのローンを利用しようと考えていますか?ジャパンネット銀行のローンを活用するのはいかがでしょう。

このローンの特徴として、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンの場合、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むに当たって1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングやヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングへ出店している事業者の方にオススメのローンです。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく聞くことが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる用途によって違いがあるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは商品の説明など宣伝以外など含まれる場合に使われます。

融資で資金繰りをする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、変動年金利で2%台からと低利子ですがほとんどの場合で担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

設備投資をしたいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な特徴があります。

例えば、担保や保証人が原則不要なこと、総量規制の対象外ということや銀行での融資と比べると審査時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開店などの場合でも事業計画所提出で審査条件を適用してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

新規開業時にも対応してくれるので会社の業績が浅い場合にも審査してくれます。

よくCMや街角で見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けしか宣伝していないため。

そのため消費者向けのみのイメージを持ちがちですが実は、ビジネスローンも行なっています。

アコムのローンは通常のノンバンク系のローンと違い法人向けではなく個人事業主を対象にしています。

そのため、多くのローンではご利用金額上限が500万?1.000万くらいなのに対しアコムのローンはご利用金額上限300万までと設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように繰り返し利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンではほとんどが翌日以降なのに対し即日可能になっています銀行のビジネスローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索して上位に出てきた沖縄銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で申し込みができるようです。

融資上限額は最大5000万までということなので事業転換をする際の設備投資資金や運転資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うローンのため審査期間は長くなりがちです。

そのため短期的に資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さい事業を行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

実際に2009年から2018年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業が多いそうです。

こういった規模の会社の短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手とされています。

ビジネスローンを利用する理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

経営者の方の中には、うまく仕事が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が行われるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを申し込む場合です。

世の中にビジネスローンは多くありますが正直、審査内容などがどうなっているかわからずどのローンを使えば良いか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資された。

」という利用者や赤字決算でなるべく早いタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

その他にも従業員3名以下の小規模経営企業の利用が多いようです。

公式HP以外も参考にしてみてはいかがでしょう。

個人事業主、自営業者の方にとって新規事業立ち上げなどの事業のための資金調達は経営上重要な要素となります。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が現状では限られています。

例えば、法人の場合では、信用保証協会の保証付融資や銀行融資など経営状況によって色々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らず融資されない可能性が高くなっています。

そういったときの資金繰りの方法としてアプラスなどのビジネスローンで集めることも考えておきましょう。

ビジネスローンごとに金利など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2018 ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は All rights reserved.
木の飾り