木の飾り

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて

木の飾り
ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は >> 経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて
木の飾り

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、決算書を見て利益が出ているとわかる会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算を出してしまっていても審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

ビジネスローンで資金繰りをしている方の中には今借り入れしているローン会社よりも低金利のローン会社を見つけたから借り換えを検討しているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところでA社からすると完済してもらっただけになるからです。

金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に想像する銀行系のローンやクレカ会社として有名なオリコなどの信販会社の行なっているローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを説明します。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで提出が必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに必要な書類が異なることがあります。

これらの書類を用意したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日というローン会社もあるようです。

創業を考えている人の中にはビジネスローンで検討している方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

実際に2009年から2018年にかけて中小企業は39万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった小規模の会社の設備投資など短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

短期間での融資のニーズ出てきます。

そのニーズに応えるのがbusinextなどのビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘いと言うのは本当ですか?」という内容です。

結論から言うと、甘いわけがありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

低金利になるほど厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的に資金調達と聞いてイメージする銀行融資の合、事業計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは必要ないことも多いです。

他にも審査期間が銀行融資は1から2ヶ月ほどかかるのに対しこのように話を聞いただけでも審査が厳しそうな感じがしますね。

中小企業における設備投資や取引先への支払いなど短期的に融資が必要なときに利用するのが事業者向けローンですがビジネスローンについてみなさんはどれくらい知っていますか?一般的なカードローンは個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが投資や事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資というと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり即日融資が行われるところもあるくらい対応が早いです。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを考えますがほぼ全ての消費者向けカードローンではビジネス用に使うためことはできません。

もし事業用に使いたいならビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けてみなさんが想像する比較的低金利の銀行融資と金利が高めに設定されていますが融資までの期間が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資と非常に大きな差があります。

そのため中小企業など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを組む際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というフレーズです。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローンのことでした。

検索してトップに出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で申し込みができるようです。

融資額は最大5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2018 ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は All rights reserved.
木の飾り