木の飾り

設備投資をしたいけど予算がない、集金ズ

木の飾り
ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は >> 設備投資をしたいけど予算がない、集金ズ
木の飾り

設備投資をしたいけど予算がない、集金ズ

設備投資をしたいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な長所があります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると時間がかからないことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローンでは新規開業資金など決算書がない場合も事業計画所提出で審査を開始してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅かったとしても申し込み・審査ができます。

中小企業の経営者の中には市場の変化や退職金などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は通りづらいです。

でも諦めるのはまだ早いです。

ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例えば、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記簿謄本と決算書2年分の提出で審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」というフレーズ通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは審査期間が明記されていませんが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は厳しいようです。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘いと言うのは本当ですか?」という内容です。

結論から言うと、そんなわけありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

銀行融資など低金利になるほど厳しく、ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますが1から2ヶ月かけてローン審査することが多いです。

他にも審査期間が銀行融資は1から2ヶ月ほどかかるのに対しこのように話を聞いただけでも厳しそうな感じがしますね。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に銀行融資と言われる銀行系のローンやオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込み・審査の流れを説明します。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローン商品で必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに必要な書類が異なることがあります。

これらの書類が揃ったらあとはHPから申し込むだけです。

ネット申し込み時には免許証などの本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日融資というローンもあるようです。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが融資が必要なときに利用を検討するのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシング(カードローン)は個人を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保が原則不要となり即日融資が行われるところもあるくらい対応が早いです。

世の中にビジネスローン会社は多く存在しますが正直、審査内容などがどうなっているかわからずどのローンを活用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判や特徴などを調べてみました。

アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資された。

」という利用者や赤字決算を出してしまったタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

他の特徴として、従業員3名以下の小規模経営の経営者の利用が多いようです。

公式HP以外も参考にしてみてはいかがでしょう。

近年、フリーランスや中小企業など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますが大企業に比べ資金面は不安定になりがちです。

中小企業白書によると2009年から2018年にかけて中小企業は40万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった規模の会社の場合、翌月の仕入れができない、など特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手とされています。

選ばれている理由を見てみると担保やオンライン上で申請できるので来店が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

起業する際の強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も変わるので借りるタイミングごとにどのローンを使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金が必要なときにおすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

ビジネスローンで資金をどうにかしようと考えている方、どのローンを利用しようと考えていますか?ジャパンネット銀行のローンで借りるのはいかがでしょう。

このローンの特徴として、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、資金が足りないから追加で借りようと思っても毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ満たしていなければいけない条件があります。

それは、Yahoo!ショッピング・ヤフオクへの商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピング・ヤフオクで商品を販売している人にオススメのローンです。

日頃、TVを見ていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーが流れることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますがキャッチコピーとはどのような理由から使い分けされているのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは商品の説明など宣伝以外など含まれる場合に使われます。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2018 ビジネスローンは実は審査が甘い?審査基準や期間は All rights reserved.
木の飾り