営業職求人ガイド

マルチセルって何?

マルチセルとは「マルチレベルセル」の略称で、フラッシュメモリの一種です。

初期のフラッシュメモリは、1セルあたりのビット数が1ビットであったために、大容量化が難しいとされていたのですが、マルチレベルセルは特殊な技術によって1セルあたりのビット数を増やし、容量のアップに成功しています。

対して、従来の1セルあたりのビット数が1ビットのフラッシュメモリーを「シングルレベルセル」といって区別します。

マルチセルは容量アップに伴い低価格化にも成功しており、低価格ながら1ギガバイトを超える容量のモデルも発売されています。

ただし、シングルレベルセルに比較すると書き込みの速度や読み出しの速度が遅いといった欠点もあります。

また、マルチセルには書き換え可能な回数にも制限があります。

しかしながら、近年の技術の向上によってマルチセルは着実にその機能を進化させており、今後はシングルレベルセルに代わってマルチセルの利用が主流になると考えられています。

それぞれの特性を活かす形で、PCの中には、頻繁にアクセスが発生する場合はシングルレベルセルを使って、データ保存にはマルチセルを使うといった使い分けをしている機種も登場しています。

また、現在ハードディスクからフラッシュメモリーへの技術転換が盛んに行なわれており、記憶媒体にマルチセルを採用するマシンが増加傾向にあります。

こうした点を鑑みると、マルチセルがPCの主要部品として市場を賑わす可能性も高いと考えられます。