営業職求人ガイド

結婚適齢期女性

「そういえばあの子、そろそろ結婚適齢期よね」、親戚の適齢期の女性に良い縁談の話を持ち込む世話好きのおばさんが身内に必ず一人はいる・・・なんていうのは、もうひと昔もふた昔も前の話。

社会にどんどん女性が進出し、会社の中でも重要なポストや役割に就くことも多くなった現代では、女性の結婚適齢期は昔に比べるとグっと幅のあるものになりました。

自分の結婚適齢期は自分で決める、独身女性の中にはおそらくこんな考えを持って日々を過ごしている方も多いことでしょう。

もちろん結婚は20歳以上であれば親の承諾なしにいくつになってもできるものではあります。

しかし女性の場合、結婚とセットのように考えられる出産というものが控えています。

35歳以上での出産は高齢出産とみなされることからもわかるように、30代半ば以上になると自然妊娠率は低下していき、出産にもさまざまなリスクを伴うようになります。

もし独身女性が結婚後の出産を望んでいるのであれば、女性の結婚適齢期は出産の可能な時期まで、と考えたほうがよいのかもしれません。

実際のところ、結婚相談所や結婚情報サービス会社などでは、やはり世間の一般的な結婚適齢期とされる30代半ばくらいまでの女性との出会いを求める男性が多いのだとか。

女性はこうしたことや自分の出産の希望など、さまざまなことをしっかりと考慮に入れた上で、自分の結婚適齢期を判断しなければならないのかもしれませんね。