営業職求人ガイド

税理士取得方法

税に関するスペシャリストが税理士です。

税理士事務所に勤めるイメージが一般的ですが、最近では幅広い分野からニーズが高まっています。

とくに経済のグローバル化、企業の国際化に合わせて税務処理やコンサルタント業務に従事するケースが増えており、注目の資格となっています。

そんな税理士になるためには国家試験に合格する必要がありますが、受験するためには所定の受験資格をクリアしている必要があります。

これが高いハードルとなっています。

受験資格は以下の5種類。

「大学、短大、高専、専修学校を卒業し、法律学、経済学に関する科目を1科目以上履修した者」 「大学3年以上の学生で、法律学、経済学を含め62単位以上を取得した者」 「日商簿記検定1級合格者」 「司法試験2次試験合格者」 「全国経理学校協会主催簿記能力検定上級合格者など」 この試験は他の資格に比べてやや特殊となっており、科目選択制と科目合格制となっています。

科目は以下の9科目の中から5科目を選択して受験することになります。

「所得税法」 「法人税法」 「消費税または酒税法」 「国税徴収法」 「住民税または事業税」 「固定資産税」 これらから3科目を選択(所得税法と法人税法はどちらか一方を必ず選択)、さらに「会計学に関する簿記論」と「財務諸表論」の必須科目を受験することになります。

5科目を1度に合格する必要はなく、数年かけて5科目を合格しても大丈夫なのが特徴です。

なお、試験に合格するだけでは税理士登録はできず、2年以上の実務経験が必要となります。